キミエホワイトプラスは産後の授乳中でも大丈夫?

MENU

キミエホワイトプラスはいつでも飲める医薬品なの?

キミエホワイトプラスは美白に意識の高い女性から多く選ばれていますね。女性の身体はデリケートでもありますし、月のリズムにも左右されがちですね。

 

キミエホワイトプラス 授乳中

キミエホワイトプラスを飲んでいる時期にちょうど妊娠、出産というライフイベントが来る事もあるでしょう。そこで気になるのが、「授乳中は飲んでも良いのかしら?」という事

 

その質問はネット上などでもよく見かけます。ここではキミエホワイトプラスの安全性についてや授乳中の事についてスポットをあてて書いていきたいと思います。

 

キミエホワイトプラスは安全?産後の授乳中も飲めるのか?

キミエホワイトプラスは安全?

キミエホワイトプラスは第三類医薬品に指定されています。サプリメントなどよりは効果が期待できるものではありますが、しかし副作用の心配は少ないという、使う側にとってメリットの大きいものになります。

 

妊娠中や授産後の乳中も飲んでいても大丈夫な処方になっています

ただ心配な人はかかりつけの医師に相談した上で使用するかどうかを確認してください。

 

母乳の中にはママがとった成分が赤ちゃんに行くので

授乳中の赤ちゃん

赤ちゃんには飲ませたくないという心理的な要素もあるかと思います。この時期だけはキミエホワイトプラスをお休みしようかな、ということであればそれでも構わないと思います。

 

その時期のシミ・美白対策には

  • 帽子
  • 日焼け止め
  • ストール

など物理的な方法で美白のお手入れをしていくと良いでしょう。また離乳食がすすんできて、授乳が減ってきた頃や卒乳した頃にキミエホワイトプラスを再開するという事も選択肢の一つだと思います。

 

この時期はママが安心して続けられるという事が一番大事になるかと思います。

キミエホワイトプラスは副作用があるの?

キミエホワイトプラス 副作用

もう一つ、授乳の事と絡めて、キミエホワイトプラスは飲み続けたりすると副作用があるのか?という事についても触れておきたいと思います。

 

キミエホワイトプラスはフイルムコーティングされている事で、よくお薬を飲むと胃が荒れるなどという方も飲みやすくなっています。

 

また食後30分以内に飲む事でさらに負担が少なくなるでしょう。肌荒れにはもちろん、倦怠感や二日酔いなどにも効く事から、副作用の心配よりもむしろ効果のほうが大きいのがわかりますね

 

 

>>キミエホワイトプラスの悪い口コミ・評判を徹底検証 TOP